活動日誌

TOP活動日誌 / 第3回愛知県同胞援護会-フォトコンテスト

第3回愛知県同胞援護会-フォトコンテスト

法人事務局

2017年11月20日

こんにちは。愛知県同胞援護会法人事務局です。

第3回フォトコンテストが行われました。今回のテーマは「日常」。

利用者さんの普段の表情をとらえた写真を各施設から募集し、

広報担当者で投票を行ないました。

たくさんの写真の中から選ばれた、入賞作品を発表します。

いきなりですが、金賞から!

「立派に育ったね!」

ケアハウス春緑苑

選考理由

・笑顔が毎日を楽しんでいる様子を物語っている。

・育て始めてから収穫するまで、日常の姿を感じとることができる。

 

「癒しのひととき」

特別養護老人ホーム大府の郷

選考理由

・利用者さんと職員という関係ではなく、家族のように接している姿が日常の風景を感じさせる。

・職員とのふれあいが自然。

 

「じぃじのところへおいで」

第2とよた苑デイサービス

選考理由

・人形と触れ合っている利用者さんだけでなく、周りにいる利用者さんの笑顔がさらに日常の楽しさを物語っている。

 

 

ここからは、おしくも3賞は逃したものの、入選した作品をご紹介。

「ねぇねぇ、あのね」

障がい者支援施設サンホーム豊田

 

「いつまでもおしゃれに♪」

大府の郷デイサービス

 

「まだまだいける!」

特別養護老人ホーム第2とよた苑

 

「女子会だぁ!」

ケアハウス豊田

 

「お風呂の時間ですよ!」

グループホーム春緑苑

 

「どれにしようかな♪」

東山デイサービス

 

入選した写真以外にも、素敵な写真がたくさん集まり、選考も大変迷いました。

ポーズを決めてとった写真では無く、利用者さんと職員の普段の姿を収めた写真ばかりで、「日常」を感じることができました。

入選された皆さん、おめでとうございます。