活動日誌

TOP活動日誌 / エメラルド班のエコ活動

エメラルド班のエコ活動

サンホーム豊田

2012年08月20日

サンホーム豊田の作業班の一つであるエメラルド班では、今年度から機械を使用しての空き缶つぶしや、ペットボトルをリサイクルステーションに持っていく取り組みを行っています。
保護者の方や地域の方からのご協力により集められた空き缶やペットボトルは、潰したり、粉砕することにより再生可能な資源として生まれ変わります。

                   ~空き缶つぶし~

  まずは空き缶を空き缶潰し機まで運びます。

 

 缶を潰す際には、今年導入したばかりの空き缶潰し機を使用します。使用方法はとても簡単!空き缶をただこの機械の中に入れるだけでぺしゃんこに潰してくれます。  

                  ~ペットボトルリサイクル~

 まずはボトルを洗浄し、キャップを取り外し、一つずつラベルを剥がしていきます。

 

 ある程度数がまとまったら、ペットボトルを潰す機械がある最寄りのリサイクルステーションに持って行きます。
利用者さんと一緒に機械に投入していきます。
 

サンホーム豊田では、これからも地域のために、そして地球にやさしい取り組みをしていきます。